これでもう時間に追われない!主婦だって自分磨きできる

      2018/04/17

こんにちは♡

 

食ライフコーチ 福山じゅりです。

 

 

今日のテーマは「時間」

 

 

私、

「時間」については

主婦になって、子どもが出来て

特に考えるようになりました。

 

 

何かしようにも

主婦だから・・・

子どもがいるから・・・

「忙しい!!!」

「自分の時間なんてない!!!」

 

 

そうやって

「自分磨き」

「気になること」...

色んなことを諦めてませんか?

 

 

 

今日のこの記事が

忙しいあなたの「自分の時間」を取り戻すきっかけになれば幸いです。

 

 

1日の時間の長さは皆平等だから・・・

 

1日に与えられてるのは24時間!

 

 

これは

有名人も一般人も

キャリアウーマンも専業主婦も

変わることがなく平等なもの。

 

 

そして人生は

必ず終わりがある「有限」なもの。

 

 

このことは

社会福祉士として医療機関で働いてた時に

痛いほど感じたことでもあります。

 

 

病気で、事故で・・・

さっきまで元気だった人が

突然命(時間)を奪われる場面に

幾度となく立ち会ってきたから。

 

 

誰も

まさか自分にそんなことが訪れるなんて

考えてもいない・・・

 

 

ですが、

確実にあなたの「時間」は

日々減っているのは

紛れもない事実!!

 

 

「1日の長さは皆同じ」「人生は有限」

 

 

違うのは「質」

 

 

いかに本質的に

自分の時間を生きられるかが

人生をより豊かに変えるポイントなのです。

 

自分の「時間」の使い方を知る

 

「時間」の質を高めるために、

自分の時間を生きるためには

今、時間の使い方どうなってるのか、

まずは現状を知ることが大切!

 

 

 

あなたの1日を

一緒に振り返ってみましょう。

 

 

 

あなたの1日に

どれだけ「自分の時間」の割合がありますか?

 

 

 

夫が子どもが友人が・・・

他人に求められるがまま自分の時間を差し出す

「他人の時間」の割合が多くなっていませんか?

 

 

 

別に今日しなくていいことまで

やっていませんか?

 

 

それ、

今すぐ変えていきましょう^^

 

とことん「最適化」を図ろう

 

「時間」を考えるうえで

必ず言われるのが「やめることを決める」

 

つまり、

「ムダを省く」ということ。

 

 

 

あなたの1日の行動の中には

「ムダ」な部分はありませんか?

 

 

「しなければならない」と思ってるもの

ルーティンの中にも

意外と「ムダ」が隠れてることが多いです。

 

 

 

私の場合、

こんな「ムダ」がありました。

 

 

学ぶのが好きで

講座時に走り書きしたメモがあって、

「それらを日々、少しずつキレイにまとめる」

ということを日課にしてたんです。

 

 

ある日コーチをやってる友人に

「それ、キレイにしなくても読めるんでしょ?

キレイに書き直すことに、どんな意味があるの?」

と聞かれ、ハッとしました。

 

 

走り書きだけど

わざわざキレイにまとめなくても

ちゃんと読めるんですよ。笑

 

 

だた

「キレイにメモを残したい」というだけだった。

 

 

 

それだったら

その時間に興味ある本を数ページでも読んだ方が

時間を最大限に活用できますよね^^

 

 

 

また、

「自分の時間」を生きるためには

目的意識を持って行動するのも大事なこと!

 

 

何とな~くテレビをつけて見る・・・

何とな~くネットサーフィンをする・・・

 

こういう時間は

自分磨きのために

不満な現状を変えるために

必要な行動に対して使いましょう。

 

 

あと、

今日しなくていい

明日できることは明日に回しましょう。

 

行動は主体的に変換しよう

 

主婦の場合、

家事や育児など

なかなか省くのが難しい時間があります。

 

 

外注できる人はしたらいいと思いますが

状況的に難しい場合もありますよね。

 

 

 

そんな時

家族のために

自分の時間を犠牲にしてやっている・・・

と思えば「他人の時間」

 

 

それを

「自分の時間」になるよう

自分を主語にしていい意味づけをするのです!

 

 

 

その行動が

自分にとって、どんないいことをもたらすのか。

 

 

例えば、、、

「部屋がキレイになったら

(私が)友達をいつでも呼んでお茶会できる♪」

 

「子どもと元気に遊ぶことで

(私が)体形をキレイに保てる♪」

という風に。

 

 

 

今まで「他人の時間」として

自己犠牲のように感じてたことも、

自分を主体に考えれば

「自分の時間」になるのです。

 

自分の時間を増やすために

 

今まで挙げてきたのは

思考することで「自分の時間」を確保すること。

 

 

私、

違う視点でもう1つ

「自分の時間」を増やすために必要だと考えてることがあります。

 

 

それは

「食」を効果的に使って

健康に自分を保つということ!!

 

 

健康でないと

何かしたいと思っても

なかなか思うようにできなくなってしまいますから。

 

 

 

また、

食卓を預かる私たち主婦が「食」について知り

家族の体調管理ができれば

病気の介助も減らしていけるのです。

 

 

 

我が家を例にすると

毎月のように風邪を引いていた夫も

1年に1回引くか引かないかになり、

 

5歳の娘も周りも羨むほどの健康体で

今まで一晩で下がる熱が2回くらい出ただけ。

 

 

 

毎日の「食」も

目先の便利さに惑わされず

長い目で見てどうなのか、

そういう視点で賢く選択することが

「自分の時間」を増やすことにつながっていくのです。

 

まとめ

 

やりたいことがあるのに

忙しいから・・・と、諦めているのなら

 

1.自分の行動をしっかり分析、思考して「ムダ」を省く

2.やることはすべて「主体的」に考え、いい意味づけをする

3.「食」も自分の時間を増やすツールとして効果的に活用する

 

 

上記の3つを試行錯誤しながら実践し、

「自分の時間」を増やす工夫をして、

主婦になっても諦めず、自分のために生きましょう♡

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

アメブロインスタのフォローも大歓迎です♡

 

 

マインド×食で毎日を笑顔に♡

 

食ライフコーチ 福山じゅり

 

★経歴・プロフィールは➜こちらをクリック


★個別カウンセリングの詳細は➜こちらをクリック


★食に関する無料メールレターの詳細は➜こちらをクリック

 - マインド , , ,